業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

電話やメールによる査定のメリット・デメリットが知りたいです

私の家には使っていないブランドものの食器があり、このまま持ち続けるよりも売ってしまったほうがお金になりお得だと考えたのですが、実際にどのくらいの価値があるのかまずは確かめたいと思い、査定を受けたいと考えています。
そこで気軽に利用できる査定の方法として電話査定やメール査定といったものがあることを知ったのですが、それぞれの査定方法にはどんなメリットはデメリットがあるのか知っておきたいため、説明してください。

回答

それぞれ正確性やスピーディーさが異なっています


査定をしてもらうための方法としてメール査定があるのですが、メールの場合は画像を添付する場合と添付しない場合とがあり、これから売りたいものの画像を添付したほうがより正確な査定を受けることができるでしょう。
画像によって売りたい品物を確かめてもらうことができ、これによって品物の種類だけではなく、保存状態についても確認してもらえるため、より正確な査定が可能となるのです。
もしメール査定で画像を添付しない場合には、文章による説明のみで査定をしてもらうことになるため、具体的にどんなブランドのなんという商品なのか、食器の場合はどういう柄があるのか、セットで販売されていた商品なのかなど伝える必要のある情報はたくさんあります。
画像添付がない場合とある場合とでは、最終的な査定金額には差が出てしまうことがあるため、正確性を重視するならば、画像をできるだけたくさん用意しておいたほうがよいでしょう。
電話による査定を受けつけている業者もあるのですが、この場合は言葉で商品について説明する必要があり、自分で勘違いしているケースもあるため、電話で得られた査定結果と実際に見積りをしてもらったときの差が大きくなってしまうこともあります。
いずれにしても、電話やメールを用いた査定方法はどうしても正確性に欠けてしまう部分があるため、そこで得られる査定結果はあくまでも参考程度に留めておいて、本当の価値を知りたいならば、本格的に査定をしてもらうしかありません。
買取業者であれば出張査定に対応しているケースも少なくないため、これならば自分の都合のいい日時を指定して、スタッフに自宅まで来てもらうことができ、そこで売りたい品物を直接スタッフに鑑定してもらうことができるのです。
査定を受けるだけであればお金がかかることは基本的になく、出張査定であっても無料で対応してくれる業者が多いため、気軽に利用してみましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク