業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

お酒を買取に出すべき業者選びのポイントは?

父が亡くなってから1年が経過し、これまでは誰も住んでいない実家をそのまま保存していましたが、やはりこのままにしていても税金がかかるだけなので、きちんと家の中の遺品を整理して、売りに出すことにしました。
父はお酒が大好きで、飲むことはもちろん、高そうなお酒のコレクションもしていました。
主に洋酒ですが、お酒を飲まない私から見ても高そうな年代物のお酒がたくさん並んでいて、有名なワインも専用の冷蔵庫に入っていたので、品質が落ちればいけないと思って、一般使いの冷蔵庫の電源は切っていましたが、ワインの方の冷蔵庫は、父が亡くなった後も電源を入れっぱなしにしていました。
私がお酒を良く知らないことを踏まえて、できるだけ価値あるお酒を高く買取してもらえる業者選びのポイントを教えてください。


回答

実績やバイヤーの情報をしっかり確認しましょう。


まず、今どきホームページがないようなところは、リストから除外した方がいいでしょう。
お住いの近くにお酒を専門に買取しているお店が1つか2つしかなくても、現在はネットで検索すると、全国取引可能な買取店をたくさん見つけることができます。
ホームページが充実していて、そこで発信している情報がしっかりしている業者は、信頼して取引できる基準になります。
ただし、ネット上だけでしか取引できない場合は、何かトラブルがあった場合は、連絡がつかなくなったり、対応に時間がかかる場合も多いので、実店舗があるかどうかも、安心して取引するためにはとても重要なポイントになります。
もちろん無店舗型の買取店でも、信頼性を確認できれば問題はありません。
できるだけ高くお酒を買取してもらいたいなら、どのようなバイヤーがいるかが大きなポイントです。
ホームページに査定員などの情報がないケースも多いですが、実際に問い合わせると、返答が曖昧だったり、査定に時間が掛かり過ぎるなど、判断材料はありますので、明確な返答がある業者を選択しましょう。
買取実績の多さも、買取業者選びの大きなポイントと言えます。
実績が豊富であることということは、それだけ長く営業していることでもありますし、多くの人に選ばれている証にもなります。
買取方法や査定方法も業者選びのポイントで、宅配買取や出張買取や手数料の有無の他にも、最近ではLINE査定なども導入して、利便性を高めている業者も増えているので、自分が求めているサービスを提供しているお店を選びましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク