業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

出張買取の仕組みと注意点は?

これまでは、家電は親の時代から取引してきた地域の電気屋さんから、家具も近くの商店街のはずれにある家具店から購入してきて、家電も家具も新しく買い替える時には、それぞれのお店に無料で引き取りしてもらうか、まだ使えそうな場合は下取りで対応してもらえていました。
この度家具を一式買い替えすることにして、数年ぶりに家具屋さんを訪れると、何と閉店セール中で、驚いて顔見知りの店員さんに事情を尋ねると、お店を継ぐはずだった息子さんが心変わりをして、お店を売却することになって、急遽閉店することになったとのことでした。
一応商品を物色しましたが、すでに品数も少なくなっていて、当然のごとく下取りにも無料引き取りにも対応してもらえないことが分かりました。
そのことをすでに家を出て家庭を持っている息子に伝えると、電気屋さんのご主人も高齢で、前にお店を閉めるような話も聞いたとのことで、今は家電を買い替える時は高い処分費用を取られることも聞いて、息子のアドバイスでリサイクルショップを利用することに決めました。
家具を自分でお店まで運ぶことはできないので、出張買取してもらえばいいと言われたのですが、なにせはじめてのことなので、リサイクルショップを利用する前に、出張買取の仕組みと、利用する上での注意点があれば確かめておきたいので、どうぞよろしくお願いします。


相見積りを取って価格競争をさせましょう。


その名の通りに出張買取とは、リサイクルショップ側が自宅などの指定の場所まで商品を引き取りに来て、その場で買取してくれるサービスのことです。
出張買取をしてもらう時に注意しなければいけないことは、査定も含めて無料で対応してもらえるかで、大抵は対応エリア内であれば無料となっていますが、キャンセルをした場合は料金が発生したり、出張料を徴収されるケースもあるので、その点を事前に確認してください。
査定も無料でキャンセル料がかからない場合でも、当然お店側にはガソリン代や人件費の負担がかかっているため、出張サービスを利用する場合は、店頭に持ち込むよりも買取価格を安くされると考えた方がいいでしょう。
それを回避するためには、1つのお店に絞るのではなく、複数店から相見積を取って、そのことをお店側に伝えて、価格競争をさせることが有効です。
今後もリサイクルショップを利用する場合は、お店に自分で持ち込めるものは、そうした方が買取金額を期待できると考えましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク